• お電話でのお問い合わせ
  • お問い合わせ
  • ヒューマンサイエンスのeラーニング
  • 実績
  • セミナー
  • ブログ

ブログ

Blog

2016.12.12

ブログ

カスタマイズ自由!原稿で提供するオリジナル教材

  • 記事一覧

  • 弊社オリジナルのeラーニング教材を、PowerPoint原稿でご提供。購入後は、内容を自社向けに編集したり、様々な形式(LMS・ファイルサーバー・印刷等)で活用したり、自由にカスタマイズしていただけます。もちろん、カスタマイズのご依頼も承っております。

    企業に必要な教材とは?

    日頃行っている業務や社内のルールは、企業によって千差万別です。例えば同じ業種の企業であっても、中身は大きく異なっていることがほとんどです。

    そのため、一般に売られている教材を購入しても、「自社の状況にイマイチあっていない」「欲しい内容が入っていない」などの理由から、使いにくいと感じることが多いようです。とはいえ、すべてをオリジナルで制作するとなると、コストも時間もかかってしまいます。
    一般的な内容のものを、もっと自由にカスタマイズできれば……というお声を、弊社のお客様からも多くいただいていました。

    そこで、ヒューマンサイエンスは、「カスタマイズ前提」のオリジナル教材のご提供を開始しました。

    カスタマイズできる教材とは?

    提供原稿のイメージ

    この教材の最大のポイントは、PowerPoint原稿を自由に編集してお使いいただけるところです。

    業種を問わない一般的な内容になっていますので、企業全体・部署・グループの業務内容やルールにあわせて、内容を変更していただけます。もちろん、中身の文言はすべて編集可能です。

    現状分析に使える意識調査も付属!

    ADDIEモデル

    本編以外に、学習前に行う意識調査(アンケート)の項目と、学習後に行うテストの設問も付いています。こちらを利用して意識調査を行い、まずは現状分析をしてみてください。

    現状分析から始める、という考え方は、ID(インストラクショナルデザイン)の理論のひとつである、ADDIEモデルに基づきます。PDCAのように、分析(Analysis)、設計(Design)、開発(Develop)、実施(Implement)、評価(Evaluate)を順に実行し、教育を改善していこうという考え方です。このうち、最初に着手するのが分析です。

    現状を分析することで、本当に必要な教育が見えてきます。必要な教育を行うためには教材をどうカスタマイズするべきかなど、意識調査の結果を様々な検討材料に使っていただければと考えています。
    意識調査とテストは、Excelファイルでのご提供となります。もちろん、カスタマイズ OKです!

    意識調査のイメージ

    PowerPoint 原稿のカスタマイズ例

    例えば、こんな風にカスタマイズしてお使いいただけます。

    1. A社の例: 内容をカスタマイズ!
      「企業で取り組む情報セキュリティ対策の基礎」をご購入。
      以下のカスタマイズを実施。
    2. 管理部門用にマイナンバーの取り扱いに関する説明を追加するなど、各部署の業務にあわせた事例を追加
    3. Presenter 系ソフトウェアを使って html5 コンテンツに変換し、モバイル向けに配信
    4. ナレーションテキストは、合成音声ソフトウェアを使って音声化
    1. B社の例: デザインをカスタマイズ!
      「企業で取り組むコンプライアンス対策<基礎知識編>」をご購入。
      以下のカスタマイズを実施。
    2. PowerPoint のテンプレートを調整し、コーポレートカラーを用いたデザインに変更
    3. Presenter 系ソフトウェアを使って、PC は Flash に、モバイルは html5 に変換
    4. 音声は収録せず、ナレーションテキストを解説テキストとして画面に表示

    ぜひ、ご自身の会社・部署・グループにぴったりマッチした内容にカスタマイズしてみてください!

    城近 小夜子<

    執筆者:

    城近 小夜子

    教育ソリューション部 コンサルティングユニット
    ライター/コンサルタント
    ・e ラーニングコンテンツ制作ディレクター歴 13 年
    ・e ラーニングコンテンツ ライティング歴 11 年
     ・e ラーニングコンテンツのシナリオ執筆に従事
     ・現在は、教材設計からシナリオ作成、内製支援コンサルティングを担当

    お問合せ先:

    事業推進部 森岡
    電話番号 : 03-5321-3111
    info@science.co.jp