• お電話でのお問い合わせ
  • お問い合わせ

Flash to HTML5(モバイル対応)

Flash to HTML5

スマホ、タブレット等モバイル端末での学習、2020年のFlash Playerサポート終了。HTML5の教材新規作成、Flash教材からの作り替えのニーズが高まっています。
ヒューマンサイエンスは4つの作成・変換プランをご提案します。

TEACHING MATERIALS TEACHING MATERIALS

モバイル対応(Flash to HTML5)

2020年のFlashサポート終了* に向けて、Flash形式のコンテンツをHTML5形式に変換するサービスです。実現したい仕様やご予算に応じて、最適なプランをご提案いたします。
HTML5は形式にすることで、ほとんどのPCで再生できるだけでなく、スマートフォンやタブレット端末などによるモバイル学習が可能になります。
これにより、場所を問わず・PCの有無を問わずアクセスできるようになり、日常的な学習・学習の習慣化による社員の質の向上や、製品・サービスの質の向上を実現できます。

※Flashサポート終了について

“ 2020年末にFlash Playerのアップデートおよび配布を停止する予定 ”

Flash とインタラクティブコンテンツの未来 | Adobe.com

Adobe Animateプラン

Adobe Flash Professionalの後継ソフトを使用し、FlashコンテンツからHTML5コンテンツに作り直します。アニメーションや音声、操作ボタン類などを、ほぼ再現できます。
※Flashコンテンツ制作時の素材ファイル(.fla)が必要です。

動画化プラン

Flashコンテンツを、mp4などの動画形式に変換します。
操作ボタンやテストなどは再現できませんが、アニメーションや音声はそのまま再現できます。

制作ツールプラン

iSpringやArticulate Studioのような「制作ツール」を使用し、PowerPointデータからHTML5データを作成します。
Adobe Animateよりは自由度が低いものの、PowerPoint原稿がお手元に残っている場合はおすすめです。



【各プランの特徴】

Animateプラン 動画化プラン 制作ツールプラン
費用
作り直しのため高額

安価に抑えやすい

PowerPoint原稿がない場合は高くなる
作業期間
作り直しのため長期間

比較的短い

PowerPoint原稿がない場合は、作成期間が必要
複雑な機能の再現度
複雑な機能をほぼ再現できる

アニメーションは再現できるが、ボタン類はできない

動画よりは再現できるが、Animateよりは自由度が低い

※ご状況により各評価値は大きく変わります。ご環境や条件などに合わせた最適なプランをご提案させていただきます。
※変換の費用、スケジュールは、各種条件(素材の有無、コンテンツの仕様、環境、ご要望等)により異なります。
※スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末とPCの仕様の違いにより、同じ動作・表現を再現することができない場合があります。
※HTML5形式のコンテンツ導入には、ご利用の学習管理システム(LMS)がHTML5に対応している必要があります。

実績

人材育成支援企業様 Flash教材のを元にしたHTML5作成変換

・BtoCで、Flashで作成したeラーニング教材を多数配信
・スマートフォンなど、モバイル端末での学習需要の増加に応え、2012年頃からHTML5教材の作成に着手
・FlashをHTML5で再現するだけでなく、モバイル端末で学習しやすいように、画面や操作ボタンなどのインターフェースを調整
・2017年現在、約50教材を対応し、現在も継続中

電気・電子機器メーカー様(東証一部上場) FA関連製品のeラーニング教材 13言語 (アジア・南米・東欧言語) Flash教材を元にしたHTML5作成変換

・社内教育に、eラーニングを数百本活用
・以下3つの理由から、HTML5化に踏み切る
 ①LMSリプレースにより、モバイル対応が可能になったに
 ②海外拠点には、PCを所有していない社員が多い
 ③現場での作業確認ができるように、モバイル対応したい
・Flash教材の絵コンテ(PowerPointの原稿)と制作ツールを活用し、Flash / HTML5両方に対応する形式で作成。
・新しいLMSの仕様に合わせ、SCORM化も実施。
・2017年現在、20教材を対応し、現在も継続中