• お電話でのお問い合わせ
  • お問い合わせ

Flash のHTML5 移行・変換(eラーニング教材)

スマホ、タブレット等モバイル端末での学習、2020年のFlash Playerサポート終了。HTML5の教材新規作成、Flash教材からの作り替えのニーズが高まっています。
ヒューマンサイエンスは4つの作成・変換プランをご提案します。

TEACHING MATERIALS TEACHING MATERIALS

FlashからHTML5への移行・変換

fla_html5

2020年のFlashサポート終了に向けて、Flash形式のコンテンツをHTML5形式に変換するサービスです。実現したい仕様やご予算に応じて、最適なプランをご提案いたします。
HTML5は形式にすることで、ほとんどのPCで再生できるだけでなく、スマートフォンやタブレット端末などによるモバイル学習が可能になります。
これにより、場所を問わず・PCの有無を問わずアクセスできるようになり、日常的な学習・学習の習慣化による社員の質の向上や、製品・サービスの質の向上を実現できます。

ヒューマンサイエンスが提案する3つのFlashからHTML5への移行・変換プラン

①Adobe Animate CCプラン

Adobe Flash Professionalの後継ソフトであるAdobe Animate CCを使用し、FlashコンテンツからHTML5コンテンツに作り直します。アニメーションや音声、操作ボタン類などを、ほぼ再現できます。
※Flashコンテンツ制作時の素材ファイル(.fla)が必要です。

②動画変換プラン(mp4等)

Flashコンテンツを、mp4などの動画形式に変換します。
操作ボタンやテストなどは再現できませんが、アニメーションや音声はそのまま再現できます。

③Articulate Studioプラン

Articulate Studioのような「制作ツール」を使用し、PowerPointデータからHTML5データを作成します。
Adobe Animateよりは自由度が低いものの、PowerPoint原稿がお手元に残っている場合はおすすめです。



【FlashからHTML5への移行・変換 各プランの比較】

①Adobe Animate CCプラン ②動画変換プラン(mp4等) ③Articulate Studioプラン
費用
20~200万円
作り直しのため高額

20~50万円
安価に抑えやすい

10~100万円
PowerPoint原稿がない
場合は高くなる
作業期間
2週間~
作り直しのため長期間

1週間~
比較的短い

1週間~
PowerPoint原稿がない
場合は作成期間が必要
メリット ・複雑なアニメーションや機能を再現できる ・低コスト
・作業が容易
・swfファイルのみでOK
・低コスト
・作業が容易
デメリット ・高コスト
・flaファイルが必要
・ファイル容量が大きい
・インタラクション再現不可
・複雑なアニメーションの表現はできない
向いている
教材
・BtoCなどROIが明確な事業
・複雑なインタラクション再現
・通信環境が安定している
・インタラクションが少ない
・パワーポイント原稿がある
・頻繁に更新が必要
・社内で更新・作成を行う

※費用、作業期間は1コースあたりの目安です
※ 変換の費用・スケジュールは、各種条件(素材の有無・コンテンツの仕様・環境・ご要望等)により異なります。

FlashからHTML5への移行・変換について詳しく知りたい方

問い合わせ(無料)

FlashのHTML5移行・変換セミナー


FlashのHTML5移行・変換eラーニングセミナー【東京・新宿】(2018/11/22・無料)

2018年11月22日(水)に「FlashのHTML5移行・変換eラーニングセミナー~3つの事例から学ぶ~」を開催します。

詳細は下記セミナーページよりご覧ください。

FlashのHTML5移行・変換eラーニングセミナーの詳細を見る

セミナー詳細

FlashのHTML5移行・変換eラーニングセミナー【大阪・梅田】(2018/12/7・無料)

2018年12月7日(金)に「FlashのHTML5移行・変換eラーニングセミナー~3つの事例から学ぶ~」を開催します。

詳細は下記セミナーページよりご覧ください。

FlashのHTML5移行・変換eラーニングセミナーの詳細を見る

セミナー詳細

事例

①Adobe Animate CCプラン事例

事例1 研修会社

・費用 50~200万円/教材
・教材数 150教材(2012年~2020年予定)
・教材内容 語学、技術 等
・教材の使用目的 BtoCでの教材販売
・Adobe Animate CCプランを選んだ背景
  ・アニメーション表現のリッチさを維持して、他社と差別化を図るため
  ・スマートフォン等モバイル端末での学習需要の増加に応え、2012年頃からHTML5教材の作成に着手
  ・FlashをHTML5で再現するだけでなく、モバイル端末で学習しやすいように、
   画面や操作ボタンなどのインターフェースの調整も行った

事例2 電気・電子機器メーカー(東証一部上場)

・教材数 20教材(~2017年)
・教材内容 FA関連製品のeラーニング教材 13言語(アジア・南米・東欧言語)
・教材の使用目的 社内教育
・Adobe Animate CCプランを選んだ背景
  ・海外拠点には、PCを所有していない社員が多く、モバイル対応が必要
  ・現場での作業確認ができるように、モバイル対応したい

②動画変換プラン(mp4等)

事例1 半導体/フラットパネルディスプレイ製造装置メーカー(東証一部上場)

・費用 70万円/教材
・教材数 50教材 × 複数言語
・教材内容 設備オペレーション、その他各種社員教育
・教材の使用目的 社員教育
・②動画変換プランを選んだ背景
  ・コスト

③ Articulate Studioプラン

事例1 研修会社

・費用 10~100万円/教材
・教材数 100教材
・教材内容 CSR、情報セキュリティ他
・教材の使用目的 社内教育
・ Articulate Studioプランを選んだ背景
  ・パワーポイント原稿があり、低コストで実施できたため