• お電話でのお問い合わせ
  • お問い合わせ

ブログ

Blog

2017.07.27

ブログ

[速報] Flashが2020年にサポート終了! eラーニングの今後は?

  • 記事一覧

  • 7月25日(米国時間)にAdobeが「Flash」の提供を打ち切る方針を発表しました。
    2020年末までにFlash Playerの配布を終了する計画との本発表にともない、GoogleやApple、Microsoftなどの企業も段階的にFlashのサポートを終了することを表明しています。

    ついにFlashのタイムリミットが示されたわけですが、社内システムなどで未だ活用されているだけでなく、eラーニングのコンテンツにも広く使用されています。eラーニング業界では、Flashの代替技術としてHTML5* への移行が進んできていますが、対応は完了していますか?これからやる、という企業も多いのではないでしょうか。

    *HTML5: Internet Explorerなどのブラウザで再生することができ、音声・動画・アニメーションなどを実装することができます。再生にFlash Playerのような専用のソフトは不要です。

    eラーニングにおけるFlashの利用

    2010年ごろまでFlashはeラーニング教材を作成する最も有力な技術でした。当時、私たちが作成したコンテンツの9割以上、ほぼすべてに使用していました。
    脆弱性の問題や、iOS(iPhoneなど)におけるFlash非対応の流れによって、徐々に流れが変わり始め、現在では、ほとんどの教材をFlash / HTML5両方に対応した形式で提供しています。

    FlashからHTML5へ。移行の事例

    2017年7月現在においても、HTML5を再生できない古いブラウザを使用しているユーザーがいるなど、Flashの存在意義(必要性)が残されています。それでは、他社では、どのような状況からFlashからHTML5へ移行を進めてきたのでしょうか。私たちが移行を支援したお客様の例をご紹介します。

    【A社(大手機械メーカー)の場合】
    ・社内教育にeラーニングを活用している企業
    ・学習管理システム(LMS)のリプレースによりモバイル対応に
    ・特に海外には、PCを所有していない社員もいる
    ・現場での作業確認などのためにも、コンテンツもモバイル対応したい

    ⇒Flashで作っていた数百本の教材を、PowerPointの原稿を活用して、Flash / HTML5両方に対応する形式に変換。新システムの仕様に合わせSCORM化を実施するなど、制作方針を策定しました。

    【B社(大手教育事業者)の場合】
    ・B to Cで教材を提供している企業
    ・モバイル端末で学習したいという要望が増加
    ・これまで作ってきたFlashの資産を生かしたい
    ・モバイル最適化(スマホ・タブレット用のインターフェース 等)を実施

    ⇒2012年頃からHTML5対応を開始しています。FlashファイルのHTML5への変換に加え、モバイル端末で学習しやすいように、画面や操作ボタンなどのインターフェースを調整しています。

    Flash教材をHTML5に変換するサービス(Flash to HTML5)や、PowerPointなどの原稿に立ち返って新たなHTML5教材を作成するなど、ご状況に応じたプランで、モバイル対応/HTML5化をご支援してきました。

    ポジティブな移行へ!教材をHTML5にする意義

    2020年に向けて、企業側もFlashからの離脱へ向けた環境整備が必要となります。
    だからといって、「Flashが使用できなくなるから対応しなくては」というようなネガティブな理由からの移行はお勧めできません。

    HTML5などに移行することには、次のようなメリットがあります。

    1. Flashの脆弱性を回避
    2. モバイル学習ができる
       移動中、自宅、社内でも、学びたいことを学びたいときに
    3. より学習しやすい教材(もっとシームレス/軽快な動作で、学びの抵抗感を減らす)

    上記項目には議論の余地、また技術的な課題もありますが、特に「2」と「3」は、これからの学びにとって不可欠なものとなってくるでしょう。

    • 今日は初めてお客さんに会う予定だから、名刺交換の方法を改めて確認したい
    • 装置メンテナンスのために移動している途中で、手順を再確認したい
    • 明日のプレゼンに向けて、理想的なプレゼン方法を学習したい

    このように、移動中・休憩時間・自宅など様々な場面で、とっさにやりたいこと/学ばなくてはいけないことを思い出す人も多いと思います。モバイル対応教材(HTML5)は、これらの要望に応えることができます(もちろん、教材内容/提供方法も、しっかりと要望に応えられるようなものでなくてはいけません)。

    学習者の環境や、その他、実現したい様々なご要望に応じたモバイル対応を行いましょう。

    関連サービス



    立野 慶吾

    執筆者:

    立野 慶吾
    教育ソリューション部 コンサルティングユニット
     ・研修講師・Webデザイナー等を経験
     ・教育設計・eラーニング開発等に従事
     ・ラーニングデザイナー(eLC認定)
     ・ATD International Professional Member

    お問合せ先:

    事業推進部 森岡
    電話番号 : 03-5321-3111
    info@science.co.jp

    Adobe、Adobe Flash、Adobe Flashロゴ、およびFlash Playerは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。