• お電話でのお問い合わせ
  • お役立ち資料ダウンロード
  • お問い合わせ

Moodle導入運用支援

よくある質問

Moodle構築・活用支援・運用サポートに関するよくある質問

ヒューマンサイエンスのMoodle構築・活用支援・運用サポートについての、よくある質問です。
ご不明な点がありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

Qeラーニングの導入が初めてなのですが、導入のサポートをお願いできますか?
ヒューマンサイエンスではMoodleの導入サポートを行っております。
お客様の環境に適したご提案をいたします。
>>導入サポート
Q自社内のサーバーにMoodleを構築する場合、インストール作業だけお願いしたいのですが・・・。
インストール作業のみでも対応しております。
インストール後のMoodleの機能設定、バージョンアップ、カスタマイズ、管理者サポート、運用・保守サービスもご提案しておりますので、お問い合わせください。
>>導入サポート・バージョンアップ
>>カスタマイズ
>>運用サポート
Q自分たちでクラウドサービスを契約するので、そこにMoodleを導入してもらうことはできますか?
はい、できます。ご指定のクラウドサービスにMoodleを導入することができます。弊社では、AWS、さくらのクラウド、Azureなどに導入した実績があります。
インストール後のMoodleの機能設定、カスタマイズ、管理者サポート、運用・保守サービスもご提案しておりますので、お問い合わせください。
>>導入サポート・バージョンアップ
>>カスタマイズ
>>運用サポート
QWindowsサーバーにMoodleを構築することはできますか?
Windowsサーバーでも構築できます。
なお、メール機能を利用する場合は別途メールサーバーが必要になります。
サーバーの構築からもご提案しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
QすでにMoodleを導入していますが、保守運用だけでもお願いできますか?
はい、できます。Moodleの機能設定、バージョンアップ、カスタマイズ、管理者サポート、運用・保守サービスもご提案しておりますので、お問い合わせください。
>>導入サポート・バージョンアップ
>>カスタマイズ
>>運用サポート
Q登録できるコンテンツの数に制限はありますか?
制限はありません。ディスク容量の範囲内であればいくつでも登録できます。
Q自社がサーバ等のハードを調達して顧客に納品するので、そこにMoodleのインストールをお願いすることはできますか?
はい、できます。現地で作業もできますが、多くはリモートでアクセスさせていただいてMoodleの構築作業をしています。
Q何人くらいまで同時利用が可能ですか?200人以上で利用を考えているのですが・・・。
ヒューマンサイエンスでは、約200人で同時利用することを前提とした運用パッケージサービスを提供しております。
同時利用する人数が200人程度までであれば、登録ユーザー数に制限はありません。
ただし、200人以上で同時利用した場合、LMSの応答速度が遅くなる場合があります。
また、お客様サーバーにインストールする場合は環境・条件によって異なります。人数や条件に応じたご提案をしておりますので、お気軽にご相談ください。
QMoodleの使用経験がないのですが、活用できるようになるでしょうか?
弊社では、お客様がMoodleを活用できるようサポートサービスを提供しております。使い方セミナー、マニュアル、問合せサポートやヘルプデスクなどでご支援いたします。運用・活用支援のみの提供もしております。詳細はお気軽にお問合せください。 >>導入サポート・バージョンアップ
>>カスタマイズ
>>運用サポート
Q教材を視聴するとき動作が遅くなることがあります。レスポンスを早くすることはできますか?
はい、できます。原因を調査したうえで、Moodleが原因であれば改善方法をご提案いたします。まずはお気軽に相談ください。
Q教材制作の代行は可能ですか?
PowerPointでの制作や映像制作を含めて、企画から制作までご支援可能です。また、すでにお持ちの教材を見やすくブラッシュアップすることもできます。お気軽にご相談ください。
QMoodleでは、「教師」以外の管理者から受講者を評価をすることは可能ですか?
可能です。「編集権がない教師」というロールを作成することができます。教材登録等の管理できませんが、評価をすることができます。
QMoodle WebUI上にて、DBから必要なカラムをピックアップして管理者で自由にテーブル形式レポートを作成する機能、及びcsv形式等でエクスポートする機能はありますでしょうか?
Moodleはオープンソースなので、カスタマイズや3rd partyが提供しているプラグインを活用することで可能となります。
QMoodleはオープンソースなので脆弱性などで不安があります。
2か月に1回ほどの頻度でバージョンアップが繰り返され、脆弱性やセキュリティに対応しています。
Q例えば、東京で災害が起きたとき、北海道などに切り替えてMoodleの運用を継続できるようなことができますか?
はい、できます。複数のリージョンにMoodleを構築して、災害時にメインからサブに切り替える冗長化構成ができます。ホットスタンバイやコールドスタンバイの構成をご提案いたします。
Q社内研修だけではなく、販売パートナー研修教育や、資格試験の実施などに活用できるでしょうか。
はい、可能です。
QGoogleのアカウントでシングルサインオンできますか?
はい、可能です。
Q受講者が視聴する動画をダウンロードさせたくないがどうしたらよいでしょうか。
弊社の動画Playerプラグイン「HSビデオ」に動画ファイルを登録することで、ダウンロードさせないようにできます。また、ミルビィなどのストリーミングサービスを利用することでも実現できます。
Q毎年、社内研修で社員に動画を見てもらっています。動画を全部見たかどうか確認したいのですが、何か方法はありますか。
弊社の動画Playerプラグイン「HSビデオ」を利用することで実現できます。再生合計時間を100%として、何%まで閲覧したかを記録できます。また、再生したところまでしか早送り・巻き戻しができないようにすることもできます。

 

Q安全性が高いeラーニングシステムを探していますが、Moodleはいかがですか。
Moodleは2か月に1回ほどの頻度でバージョンアップが繰り返され、脆弱性やセキュリティに対応しています。また、3年に1度ほどでメジャーバージョンアップも行われ、新しい機能も追加されています。Moodleはオープンソフトウェアですが、とても良くメンテナンスされたLMSとなっています。

 

Moodle導入支援、運用について
詳しく知りたい方

東京:03-5321-3111 
名古屋:052-269-8016

受付時間 9:30~17:00