• お電話でのお問い合わせ
  • お問い合わせ
  • ヒューマンサイエンスのeラーニング
  • 実績
  • セミナー
  • ブログ

ブログ

Blog

2017.01.16

ブログ

需要高まるLMSクラウドサービス

  • 記事一覧

  • 昨今需要が高まってきたLMSのクラウドサービス。IT化が進んでいる今、新規・移行問わず、コスト削減のため、システムインフラをアウトソースすることは有効な手段です。

    今回はクラウド移行の背景とクラウド型LMS「e-CoreLea(イーコアラ―)」についてご紹介します。

    LMSのクラウド利用が進む背景とは

    社内業務のIT化がますます進む昨今、クラウドが幅広く浸透してきたこともあり、これまでオンプレミス(自社運用)で運用していたLMSをクラウドに移行したい、またはクラウド上に新規に導入したいという相談をよくいただきます。企業がクラウドを利用したい背景としてよく聞くのは、やはり導入後のランニングコスト削減でしょうか。オンプレミス環境は、機密性は高くなりますが、その反面サーバの購入費やその後の維持費とそれに伴う人件費を自社内で賄わないといけなくなるためどうしてもコストが膨らんでしまう課題を持っています。

    こういった課題は、新規で導入する場合、既にシステムを抱えている場合、どちらでも直面する課題です。企業・文教(大学などの教育機関)問わず課題を抱えている所は多いと思いますので、これらを解決するためのシステムインフラをクラウドへアウトソースすることは検討する価値があると思います。

    ヒューマンサイエンスでは、こういった課題を抱える企業・文教に対してクラウド移行のサポートや新サービスを立ち上げるなどでお客様のサポートをしてきました。今回は、その中の一つである新サービス「e-CoreLea」をご紹介します。

    クラウド型LMS「e-CoreLea」とは

    昨今のクラウド環境への移行に合わせて、弊社では新たに「e-CoreLea」というクラウド型LMSサービスを2016年5月から開始しました。

    「e-CoreLea」は、オンライン上で学習できる、SaaS型のLMSクラウドサービスで、お客様の利用形態に合わせて、2つのオープンソースLMS(moodle、TotaraLMS)を選ぶことができます。また、これまでの導入実績をもとにLMSの使い方や活用方法など、運用時のサポートサービスも充実しております。

    「e-CoreLea」で提供しているオープンソースLMS
    (moodle、TotaraLMS)について

    「e-CoreLea」では、moodleとTotaraLMSの2つのLMSを提供しています。
    moodleは、文教向けのLMSということもあり、主に文教の方で広く使われている世界で有名なLMSです。
    対してTotaraLMSは、moodleをベースに作られた企業向けのLMSとなっています。そのためTotaraLMSは、moodleのもつ学習機能を使える上に、企業の人材育成に必要な組織情報管理、研修機能、チームマネージメントなどが機能としてついています。どちらも豊富な機能をもっているため、お客様の様々な要望に応えられるLMSとなっています。

    また、オープンソースですがどちらのLMSも世界で広く使われているため、頻繁にバグフィックスなどがされてセキュアに使用することができるのも魅力の一つです。

    これからクラウドでLMSを新しく構築しようと考えられている方。
    社内で既にLMSを運用しているが運用コストもかかるため、クラウドへ移行しようかと悩まれている方。

    ご興味あれば是非一度ご相談ください!

    おまけ「e-CoreLea」の由来

    商品やサービスのネーミングは、お客様に伝えるものなので重要な要素の一つです。というわけでどのようにしてサービス名が決まったのか、ご紹介したいと思います。
    弊社でサービス名を検討するにあたって基本的な考え方は、
     ・e-Learningをするためのサービスというのがわかりやすいこと
     ・e-Learningをするにあたってお客様の基盤・核になるようなサービスになること
    の2つです!

    ここで2つ目の基盤となるシステムというのをもじってCore Learningという造語を考えました。このCore Learningとe-Learning、2つを足して誕生したのが「e-CoreLea」というわけです!今思えば、結構単純ですね。

    池上 智之

    執筆者:

    池上 智之

    教育ソリューション部 コンサルティングユニット
    システムアドバイザー/コンサルタント
     ・Moodleの設計・構築からプラグインの開発を経験
     ・現在は、LMS導入及び活用方法のコンサルティングを担当

    お問合せ先:

    事業推進部 森岡
    電話番号 : 03-5321-3111
    info@science.co.jp