• お電話でのお問い合わせ
  • お問い合わせ

eラーニング導入・運用支援

Introduction & Support

システム(LMS)の構築だけではなく、eラーニング教育の成功に
必要な、運用ルール、体制作り等、教育体系の構築を
お手伝いいたします。

INTRODUCTION & SUPPORT INTRODUCTION & SUPPORT

大切なのは適切な学習管理システム(LMS)を導入すること
そして最適な運用をすること

eラーニングによる教育の
「最適な運用」ルールを策定

「最適なLMS」の選定

教育体系の構築

eラーニングによる社内教育を効果的に行うためには、適切な運用ルールやガイドラインの作成は欠かせません。
でも、そうは言っても、何もないところから一連のルールを作り上げ、それをしっかり機能させていくのは、なかなか難しいものです。
実際、運用ルールの整備がうまくいかず、そのために教育の成果が十分に出ないというケースも多くあります。
加えて、eラーニングを効果的に運用するために特に重要な要素となるのが、適切な学習管理システム(LMS)を導入すること。
御社では、LMSの最適な運用ができているでしょうか?
ヒューマンサイエンスは人材(人財)育成支援の一環として、eラーニングの運用ルールやガイドライン作成、最適なLMSのご提案まで、トータルでお手伝いいたします。

eラーニング運用標準化支援(役割、担当定義、ガイドライン作成)

eラーニング導入の前に、まず「最適な運用」を考える

eラーニング教材をシステムから配信するだけでは、受講率は上がりません。まして、研修の効果を期待することはできません。
教材の開発に多くの時間・費用をかけても無駄になってしまいます。
何より大切なのは、eラーニングによる教育の「適切な運用」です。

このような課題をお持ちのかたへ

ISSUE 1

教育担当が足りない。パスワード問合せだけで精いっぱい

ISSUE 2

教育を実施したはいいものの、効果測定を行えていないので、成果がわからない

ISSUE 3

事業部ごとに独自の文化があり、受講率が低い。全社向けeラーニング教育が浸透しない

ISSUE 4

事業部ごとのeラーニング教育の運用をどのようにしたらよいのかわからない

最適な運用ルールに必要不可欠なもの

eラーニングの運用を成功させるためには、適切な運用ルールの作成が必要です。
そして、そのルールの中には、下記のような要素を盛り込む必要があります。

eラーニング実施前の関連部署への事前の協力依頼、アナウンス

eラーニング実施前の関連部署への
事前の協力依頼、アナウンス

進捗の遅れている受講者へのフォロー

進捗の遅れている受講者へのフォロー

実施後の効果測定、フィードバック

実施後の効果測定、フィードバック

ヒューマンサイエンスには、eラーニングを作成するだけでなく、その後の運用をスムーズに行うための経験とノウハウがあります。
そのノウハウを生かし、eラーニング教育の運用ルールやガイドラインの作成をお手伝いします。
具体的には、研修ご担当者や各部門の教育責任者などの役割を明確化することに加え、教育に関連する体制や、教材配信のスケジュールなど、必要な要素を過不足なく網羅したものを作成します。

教育推進体制の構築サポート

現在の組織、体制をヒアリングし、人事部、情報システム部など関係部署の役割分担、体制構築を支援します。

受講者支援体制の構築サポート

受講者からの問い合わせ、メンタリングサポートなど、必要な支援内容を整理し、役割分担、担当の決定を支援します。

標準運用ルールの作成サポート

受講開始から完了報告までの担当、役割、フローを明確にします。

評価・分析の設計サポート

教材ごとの学習目標・対象者をふまえ、合格基準設定・効果測定方法など、
特性に合わせた評価制度を設計します。

お問い合わせ対応(インシデント制)

運用事務局のために受講者、教材管理など代行サポートを行います。

提供するサービス

01

初回打合せ

現状の運用体制の確認と課題などをヒアリングします。

02

現状分析、調査、ご提案

ヒアリング内容、提供資料をもとに現状分析・調査を行い、必要な施策をご提案いたします。

03

セッション2~3回

提案内容をもとに打合せを行い、「運用のあるべき姿」共有・設計します。

04

体制、ガイドライン、ルール策定

セッションから運用体制、ガイドライン、ルールに具体的落としこみ、標準化を行います。

※期間は約2ヵ月

費用の目安

eラーニング運用標準化支援

300,000円~

実際はプロジェクト毎に大きく変動いたします。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

eラーニング運用標準化支援(役割、担当定義、ガイドライン作成)に関するご相談はお気軽に お問い合わせください

webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
東京本社 03-5321-3111
名古屋 052-269-8016

eラーニングシステム導入支援(LMS導入支援)

「最適な運用」が見えたら「最適なLMSの選定」を

お客様の個別のニーズに合わせてeラーニングを適切に運用するには、そのニーズに合わせて学習管理システム(LMS)を適切に選定する必要があります。
ところが、LMSの選定を誤ったために、eラーニングの運用がうまくいかず、そこからの見直しが必要なケースが多いのが実情です。
また、LMSの導入を進めるにあたっては、専門的な技術とノウハウが求められます。ノウハウなしに進めた結果、eラーニング運用の何らかの面で支障が出るケースも増えています。

ヒューマンサイエンスでは、これまで長年にわたり、etudes、SmartBrain、Platon、moodle、TotaraといったLMSを、お客様のご要望に合わせて選定し、導入のお手伝いをしてまいりました。
そんなヒューマンサイエンスだからこそ、皆様のニーズにぴったり合ったLMSのご提案と、効果的な運用に向けた最適な支援が可能です。

このような課題をお持ちのかたへ

ISSUE 1

現状のeラーニングのシステム(LMS)を変えたいが、どのように進めればよいかわからない

ISSUE 2

現在のeラーニングシステム(LMS)の使い勝手が悪いので、もっとよいシステムを見つけたい

ISSUE 3

新たにeラーニングを導入するが、システムはどれにしたらよいかわからない

LMS(学習管理システム)例

  • etudes
  • SmartBrain
  • moodle
  • Totara

エチュード

人材育成の課題をオールインワンで解決する、大規模運用可能なクラウド型eラーニングシステムです。企業においてeラーニングに求められる機能をすべてカバー。強固なセキュリティと高品質のUI/UXを、クラウドでご提供します。集合研修の管理、モバイル対応、数名から数十万名でのご利用まで、幅広いご要望にお応えします。






人事担当者向け機能

グループ企業を含む大規模な組織を一元管理

グループ全体、会社単位、組織単位で、細やかな管理が可能。少人数の組織から数十万人規模の大企業までお使いいただけます。
登録できる会社数、組織階層数はそれぞれ無制限です。

eラーニング・集合研修・ブレンド学習

eラーニングに加えて集合研修の申込・履歴管理も可能です。
両者を組み合わせることで、事前にeラーニングで予習して、集合研修ではワークショップを行う、というような“反転学習”型の研修も設定可能です。
集合研修の定員管理、申込承認のワークフロー機能も備えています。

マイクロラーニング・ジャストインタイムラーニング

いつでもどこでも、必要な時に必要なことを学び、すぐにまた仕事に戻れるように、教材を”マイクロ”化することで、”ジャストインタイム”型のラーニングを実現します。

ワークフロー管理

上司や人事部の承認が必要な研修を設定し、受講承認のためのワークフローを回すことができます。

自動送信メール

受講の進捗状況に合わせて20種類の通知メールを自動送信可能。
メールの文面を変更し、テンプレートとして保存することもできます。

受講者向け機能

動画教材

分かるまで何度でも繰り返して自分のペースで学習できるため、高い学習効果が得られます。
再生速度を2倍速や1/2倍速に変更したり、不要なところを飛ばしたり。忙しい社会人の学習に適しています。
オプションでDRM(著作権保護)にも対応可能です。

SCORM1.2対応教材

一方向の講義型教材だけではなく、双方向のインタラクティブな教材も配信可能です。
SCORM1.2規格に対応していれば、詳細な受講履歴を管理することができます。

パネル型UI

自分に必要な学習コースを直感的に見つけられるように情報をパネル型で提示できます。

マルチデバイス対応

PCはもちろん、スマートフォン、タブレットのブラウザに対応したレスポンシブデザインです。
(※スマホ用のネイティブアプリは2017年秋リリース予定です)

その他、多数の機能が実装されており、現在も開発が続けられています。


導入までの流れ

ヒアリング

ご状況や環境のヒアリング。研修サービスとの相乗効果も検討します。

運用設計

導入後の運用方法まで、しっかりと設計しご支援します。

ご利用開始

無料トライアルもご用意しています。

SmartBrain

「まずはお試しとしてスモールスタートから出発したい」
「部署内教育で短期間だけ使用したい」

SmartBrainはクラウド(Saas)でご提供しているeラーニングシステムです。
最低1年契約、数か月契約となるサービスが多い中で、最短1ヵ月契約から気軽に使用を開始できるeラーニングシステムです。

「すぐに教育展開する必要がある」
「数か月だけ利用したい」
という方にお勧めしているLMSです。

※SmartBrainは株式会社キバンインターナショナルの商品です。ヒューマンサイエンスは代理店契約をしております。

特長

1.PC+iPhone対応のeラーニングシステム

1.PC+iPhone対応のeラーニングシステム PC(Windows、Mac)に加え、iPhoneでも学習、受講者の管理が可能です。他スマートフォン(Google Phone、BlackBerry、Windows Phone(Windows Mobile)にも順次対応予定です。

<Windows環境>
Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、Internet Explorer 8、Internet Explorer 9、Firefox 18、Safari 5、Google Chrome 25
<MacOS環境>
Firefox 18、Safari 6、Google Chrome 25

2.多言語対応

日本語、英語、中国語、韓国語に対応しています。
管理画面から言語設定を選んで、言語を追加、翻訳した単語を追加することで、簡単に多言語環境でご利用いただけます。
今後、要望に応じて随時対応言語を増やす予定です。

3.ライセンスフリー

ASPは、ユーザー数が増加するとライセンス料金が莫大になりますが、同時ログイン数を毎月設定することで、繁忙期には同時アクセス数を増やし、閑散期には同時アクセスを減らし、必要な分だけを毎月購入できる仕組みをご用意しております。詳しくは下記価格をご覧ください。

4.1か月単位でのスポット利用が可能

使いたいときだけ使う。年間契約の必要がないので、eラーニング実施期間のみに使用し、コストを抑えることが可能です。

価格

【ユーザーIDプラン】

1ユーザー216円/月

ユーザー数は、月単位で10ユーザ毎に増減することができます。

【ユーザー無制限プラン】

1ユーザー2,160円/月

同時接続(ログインして利用できるユーザー)1に対して、2,160円/月となります。

moodle

オープンソースのLMS moodleはライセンスフリーのLMSです。インストールやアップグレードも容易に行え、機能も豊富なため、国内外含め多くの企業・学校で利用されています。​

ヒューマンサイエンスでは、moodleの構築、カスタマイズから運用までのトータルサポートをご提案しています。

※moodleとは、オーストラリアのMartin Dougiamas氏を中心に開発されたオープンソースのLMSです。操作画面の言語は80言語以上に対応しており、200ヶ国以上で使用されています。

※ヒューマンサイエンスは、日本ムードル協会の賛助会員です。

特長

1. SCORM化不要​

一般的な商用のLMSの場合、教材をシステムに載せるには、SCORM化するなど、一定の規格を満たすように手を加える必要がありました。​​
moodleでは、Flashで制作したコンテンツのほかに、PDFファイルやPowerPointファイルをそのまま載せることが可能です。​​
教材の仕様に制限が少なく、さまざまなリソースをそのまま使用できます。​

2.課題提出機能​

学習者は、moodleを使って課題を提出できます。​
直接入力することも、ファイルをアップロードすることも可能です。​

3.コミュニティ機能​

moodleには、学習者同士が参加できるコミュニティ機能が標準で装備されています。​​
学習項目に対するディスカッションができ、学習者同士で教え合うことで学習効果を高める効果も期待できます。​

4.多言語対応​

moodleは各国語に対応しており、簡単にUIを各国語表示にすることができます。​​

5.ライセンス料が無料​

moodleはオープンソースのLMSです。ライセンス料は無料で使用できます。​

6.高い拡張性​

高い拡張性がmoodleの魅力のひとつです。必要に応じたカスタマイズが可能です。ヒューマンサイエンスではオリジナルのプラグインもご提供しています。​

例)​

  • ・Web会議システム、eポートフォリオ、ストリーミングサーバ(動画配信サーバ)等との連携​​​
  • ・Mahara連携:Maharaでは学生ごとに課題やファイルを管理が可能。在学中に作成した図面、レポートをまとめて管理することができます。
  • ・他のLMSとの連携 :他のmoodle2.4以上、Sakai、Blackboard Learn v9.1 SP12 との連携が可能。
  • ・拡張支援(認証システム連携):SSO(シングルサインオン)の実現やユーザアカウントの一元管理に対応。
  • ・学認との連携:学認以外にも、Active Directory, OpenLDAP, Shibboleth, CASといった認証サーバとの連携に対応。
  • ・moodleを学認のSPとして構築。​

Totara LMS

Totara LMS は、世界で最も支持されている Learning Management System である moodle の機能拡張版です。
Totara LMS には、企業の人財育成に特化して設計された先進的な学習管理機能や組織階層管理、社員学習管理などが備わっており、同等のシステムと比較してわずかなコストで運用が可能です。

特長

moodleの学習機能に加え、組織階層の管理や社員の学習計画など、企業内での人材育成に特化した機能を標準で備えています。​

国内外でさまざまなLMSがありますが、Totara は英語圏では「Star Product」と位置付けられています。​
オープンソースであるにも関わらず、moodleの持つ学習機能に加え、人材・組織管理といった「企業向け」特有の機能も併せ持っているからです。​
Totaraはオープンソースであるため、一般的なエンタープライズLMSよりも低コストで導入できる、コストバランスに優れたLMSです。​

価格

Totaraは、ライセンスではなく、Subscriptionを購入いただくことでご利用が可能です。​
Subscriptionは1年間有効で、ユーザー数に応じた料金形態になっています。

Subscriptionに含まれるものは、以下のとおりです。

  • ・Subscriber portalサイト:ドキュメントやサポートフォーラム、トレーニング素材が含まれています。
    ※英語でのご提供となります。
  • ・バージョンアップ:新機能が追加されたレギュラーリリースです。
  • ・アップデート:機能をエンハンスしたアップデートバージョン。
  • ・セキュリティパッチ

料金表

ユーザー数

費用
Annual Subscription
1年有効

〜500ユーザー

$2,950

〜3,000ユーザー

$4,950

〜10,000ユーザー

$9,950

〜50,000ユーザー

$19,950

〜250,000ユーザー

$29,950

*実際のお支払いは日本円となります。
*弊社が設定する為替レートでのご請求となります。
*また、上記ユーザー数以外の設定もございます。

Subscriptionの提供だけでなく、導入支援や構築作業、カスタマイズ、運用設計などのサービスも承っております。

Totaraサービスメニュー

  • 導入支援
  • 構築
  • カスタマイズ
  • 使い方レクチャー
  • 運用サポート
  • 教材作成
  • 教材ローカリゼーション

Totara Learning Solutions社について

Totara Learning Solutions社は、Catalyst IT社、Kineo社 (現在は City & Guilds Kineo)、Flexible Learning International社の3社によって2010年に設立されました。​
この3社は、McDonald’s社、Nikon社、BP社、Nike社をはじめとする100社以上の企業への導入実績をもとに、費用対効果の高いTotara LMS ソリューションの提供に尽力しています。

  • ・設立:2010年
  • ・所在地:New Zealand 6011 Wellington,Catalyst House PO Box 11-630

Totara Learning Solutions社

Totara Learning Solutions社Webサイト​
http://www.totaralms.com​

詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

eラーニング導入支援(LMS導入支援)に関するご相談はお気軽に お問い合わせください

webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
東京本社 03-5321-3111
名古屋 052-269-8016