• お電話でのお問い合わせ
  • お役立ち資料ダウンロード
  • お問い合わせ

eラーニングブログ

Blog

2020.08.19

ブログ

コロナ禍での集合研修をどう実施するか?今こそeラーニングに移行するとき!?

  • 記事一覧

  • 新型コロナウイルスの感染拡大はいまだ収束せず、厳しい状況が続いています。
    集合研修をオンラインでの研修、中でもeラーニングへの切り替えをご検討されている方もいらっしゃるかもしれません。
    そこで、集合研修とeラーニングの違いはどこにあるのか、eラーニング教材への切り替えを行うにはどうすれば良いのか、考えてみましょう。



    集合研修の特徴

    集合研修は、講師が、ときには雑談を交え、空気を読んで方向性を調整したり、受講者どうしのディスカッションなども交えたりしながら、参加者全員で作り上げていく「ライブ」のような場です。
    時には体を動かすなど、五感を刺激しながら学習し、学習目標の達成を目指します。
    その一方で、拘束時間が長くなる傾向がある、参加者の移動や宿泊などのコストがかかるといった点が挙げられます。
    受講者の学習の状況は、出欠の確認や、事後の課題、レポートの提出などで管理されます。

    eラーニングの特徴

    eラーニングの最も大きな特徴は、場所と時間を選ばず、受講できる点です。環境さえ整えば、移動の必要もありません。
    学習のエッセンスが抽出され、情報が整理された教材を視聴したり、画面上で操作をしたりしながら学習を進めます。
    集合研修に比べると、概ね短時間で受講できます。特別な制限がなければ、教材には何度でもアクセスできるので、繰り返しの学習にも向いています。
    受講者の学習の状況は、LMS(ラーニングマネジメントシステム)などを使って管理される形が一般的です。

    集合研修とeラーニングには、どちらにも良さがあります。どちらを選択するかは、学習内容や配信側・受講側の状況によって変わってきます。

    コロナ禍でeラーニングを選択せざるを得なくなった場合どうすべきか

    集合研修をeラーニングに仕立て直したい、と思ったとき、具体的にはどうすれば良いでしょうか。
    ここでは、集合研修向けの資料や素材が既にあり、それをeラーニング教材として成立させる方法を考えます。
    一般的に、集合研修用のスライドと、eラーニング教材を比較すると、以下のような違いが挙げられます。

    1. ・集合研修用の資料は、キーワードや問いかけだけが書かれていて、講師の解説が必須
    2. ・eラーニング教材は、原則教材のみで完結させなければいけない

    少し乱暴ですが、集合研修の資料に載せていない情報を補足すると、eラーニング教材のベースができあがるようなイメージです。

    教材制作フローに沿ったeラーニング教材の作り方

    eラーニング教材完成までの標準的なフローは以下のとおりです。

    step1.企画・設計

    機能や構成設計、配信方法など、教材の仕様を確定させる工程です。
    この工程をしっかりと矛盾なく行うことで、各工程がスムーズに、効率よく進みます。
    具体的にどのようなことを決めておくべきか、については、これからご説明していく各フローを参考にしてください。

    Step2.原稿作成

    集合研修の資料を、eラーニング用の原稿に編集していく工程です。
    ここでは、PowerPointを使用した方法を想定しています。

    まずは、実際の集合研修で講師がどのような解説をしているのかを確認することから始めます。

    1. ・研修の録画や録音をテープ起こししたり、講師本人が文章を起こす方法を取ると効率的
    2. ・講師など学習内容に精通している人が原稿執筆や最終チェックを行う
    3. ・情報の軽重の判断や、学習のポイントを外さない

    次は、教材にナレーションを付けるかどうかで対応が異なります。
    ナレーション「あり」の教材では、画面上の文字や図と、ナレーションで情報の棲み分けができる、視覚と聴覚を使って学習できるなどのメリットがある一方、コスト面、スケジュール面での検討が必要です。音声付きの教材となるため、学習環境が要件を満たしているかにも注意しましょう。

    ナレーション「あり」の原稿の作り方

    新しく書き起こすか、講師の解説をナレーションのベースにすると良いでしょう。

    1. ・ナレーションとして教材に入れるか、スライド上に追加するかを判断する
    2. ・ナレーションの内容によっては、スライド上の情報も取捨選択や補足を行う
    3. ・ナレーションとスライドの内容に矛盾がなく、補足し合うような関係にする
    4. ・耳(ナレーション)と目(スライド)の情報が整合していて混乱させないようにする
    5. ・ナレーションは、平易で、聞いただけですぐに理解できる表現にする
    6. ・冗長な表現を避ける(一文一意)

    ナレーション「なし」の原稿の作り方

    講師の解説内容を把握したうえで、教材単体で成立するように、スライドに情報を補っていきます。
    ナレーションと情報を分担できないので、スライドにすべての情報を整理して載せる必要があり、難易度は比較的高くなります。

    1. ・研修のエッセンスを抽出し、もれなく文書化・図式化する
    2. ・ナレーションの内容によっては、スライド上の情報も取捨選択や補足を行う
    3. ・ナレーション(音声)ではなく、解説の字幕などを設け、代わりにする方法もある

    なお、学習効果を計るためには、テストが有効な手段です。
    テストも、この工程で作っておきましょう。

    Step3.ビジュアル部分の整備
    (スライドのブラッシュアップ)

    原則、自習という形をとるeラーニングでは、極力、学習者を迷わせてはいけません。
    スライドについては、以下の対応を行います。

    1. ・適宜見出しを付けて情報のレベルごとに仕分けをし表現する
    2. ・図式化なども用い、「どこに何が書かれているか」を直感的に理解させる
    3. ・1画面の情報量を調整し、詰め込み過ぎや、文字が小さくなることを避ける
    4. ・言葉での説明だけでなく、イメージ図や実物の写真、イラストなども活用する
    5. ・誤字脱字、誤解を生む表記表現を排除する
    6. ・ナレーションがある場合は、ナレーションの表現などと矛盾がないか確認する

    そのほか、イラスト、図表の作成や、教材の画面デザイン(UI、テンプレート作成)もここで行います。

    ページを分割し、情報整理を行い、ブラッシュアップを行ったものが以下のスライドです。

    ブラッシュアップ例

    Step4.ナレーション収録

    ナレーションがある場合は、ナレーション収録を行います。
    収録には、大きく分けると2つの方法があります。

    1. ・機械が読む(合成音声)
    2. ・人間が読む

    合成音声は、専用のアプリケーションを使って作成します。HOYA株式会社の製品「ReadSpeaker(旧名称VOICE TEXT)」が有名です。
    アプリケーションの購入費用のみで、何度でもやり直しが可能ですが、専門用語などは特に発音の調整など、細かな設定が必要になることがあります。

    人間が読む場合は、講師や配信担当者などが担当するか、プロのナレータに依頼するかを検討します。スタジオで収録する場合には、スタジオのレンタル料金などが必要です。
    プロナレータに依頼する場合は、その分のコストや日程調整も必要です。現在はオンラインでの収録立ち会いなどのサービスもあり、複数の選択肢が用意されています。

    Step5.効果付け(オーサリング)

    ビジュアル面、ナレーションといった素材が揃ったら、教材として仕立てていきます。
    この工程を「オーサリング」(authoring)と呼んでいます。

    オーサリングにもさまざまな方法がありますが、ここでは、ツールを使う方法を中心に見ていきます。
    ヒューマンサエインスで使用頻度の高いツールは、以下のとおりです。

    1. ・Adobe AnimateCC
    2. ・Articulate Storyline
    3. ・Articulate Rise
    4. ・iSpring Suite
    5. ・Microsoft PowerPoint

    機能や難易度もさまざまのため、予算や作業者のスキル、開発期間などに合わせて選択します。

    この工程では、ナレーションに合わせてスライド上の要素を動かしたり、強調したり、といった効果を付けていきます。
    最終的には、html5形式や、mp4などの動画形式で書き出したりします。

    テストも、この工程で作成します。
    ツールによっては、ひな形が用意されていて、特別な知識がなくても、出題、採点、解説などの仕組みを簡易に作ることができます。

    Step6.配信、学習管理・運用

    完成した教材を、学習者に配信(配布)することで、学習を始められます。
    「学習管理」とは、受講者の閲覧履歴やテスト結果などをシステムを使って管理することを指します。学習管理の可否は環境に左右されます。

    簡易に配信したい場合は、教材を、共有サーバやポータルサイトに置いておき、URLなどを案内してアクセスしてもらう方法があります。ポータルサイトなどに特別な機能がない限り、学習管理はできません。
    通信環境に制限がある場合は、DVDなどで配布する方法もあります。こちらも学習管理はできません。

    eラーニングで最もスタンダードな学習管理の方法は、LMS(ラーニングマネジメントシステム)を使う方法です。
    LMSを使うと、学習の進捗やアクセス頻度、学習時間やテストの結果などを管理できます。最近では、人事情報とリンクさせたシステム(タレントマネジメントシステム)が主流になりつつあるようです。受講者は個別に与えられたIDとパスワードでログインし、学習します。
    LMSは、各社から製品としてリリースされているほか、オープンソースのLMSがあります。オープンソースのLMSであれば、購入の必要はなく、自由にカスタマイズして使うことができます。

    なお、システムでの管理が難しい場合でも、教材に仕掛けを施しておき、受講者に特定のアクションを起こさせることで履修完了と見做す、といった設計をすることも可能です。

    執筆者:

    佐瀬 志津子

    教育ソリューション部 制作グループ ライター
    ヒューマンサイエンス入社後、テクニカルライターとして、
    製品マニュアルや業務マニュアルの設計・ライティングを経験。
    その後、eラーニング教材の原稿の執筆と制作ディレクションに従事。
    これまで約200本に及ぶ教材の制作に携わる。

    お問合せ先:

    電話番号 : 03-5321-3111
    hsweb_inquiry@science.co.jp

    失敗しない!
    eラーニング原稿作り方のポイント

    集合研修で使用する資料など、既に作成している原稿のブラッシュアップ部分にスポットを当て、注意点や修正ポイントなどをご説明します。

    【内容】

    • 作業フローを確認しましょう。
    • スライドをブラッシュアップしましょう。
      ①情報を分類し、ラベリングする
      ②情報を整理し、レイアウトする
      ③ブラッシュアップする

    ダウンロードはこちら